東京・埼玉で酒類販売免許の申請の相談

一般酒類販売小売業免許 申請フルサポートプラン

一般酒類販売小売業免許の新規取得を完全代行させていただくプランです。

一般酒類小売業免許って?

酒類を小売りするための免許です。都道府県をまたがって通販する場合には一般酒類小売業免許の他に通信種類小売業免許を取得する必要があります。飲食店がお持ち帰り用に販売する場合も一般酒類小売業免許が必要です。

プランの内容について

次のようなことを代行致します。

arrow41-012 一般酒類販売免許の要件を満たすようなアドバイス・コンサルティング
arrow41-012 一般酒類販売免許の申請書類の作成
arrow41-012 別添の誓約書や承諾書などの作成
arrow41-012 役員や常勤専任主任者の住民票などの取得
arrow41-012 営業所の間取り図の作成
arrow41-012 税務署との事前協議や申請、申請後の補正ayumi_sone2

このプランは次のような方におススメです!

arrow41-012 税務署へ提出する申請書などの作成が面倒な方
arrow41-012 税務署との細かな調整が面倒な方
arrow41-012 酒類販売免許の手続きがよくわからない方

報酬のお支払について

報酬は、申請前までに着手金として半金、申請が受理された段階で残額をお支払い頂きます。
ご依頼の前に、報酬金額をお伝えし、ご納得いただいたのちに、ご依頼いただきます。
ご依頼いただいた際に、まずは着手金のご請求書をお出しします。着手金のご請求書は、お出ししてから1週間程度にお支払い頂きます。
(具体的な期日はありませんが、申請前までにはお支払いいただくようお願いしております)
申請が受理されたのちに、残額のご請求書をお出し致します。
残額のご請求書も着手金と同じように、お出ししてから1週間以内程度にお支払いただきます。

お問い合わせ

事務所代表者ご挨拶

Top